☆「カワイイ!」の科学。

さて、突然の質問ですが、下のA・Bのイラスト。
あなたがカワイイ〜っ!と思うのはどちらですか?

どっちもかわいくね〜っ!とか、
ウサギなのか猫なのか何かわかんないっ!
とか言うヤボな突っ込みは、この際無しネ。

ボクのイラストの師匠の一人は、
「キャラクターイラストレーションの動物の顔は
無表情のほうがカワイイんだよ!」と常々言っています。
つまりAの方ね。

いわゆる擬人化をして、Bのような表情を付けてしまうと、
マンガになってしまってしまう。
表情は、感情の現れ。
感情を表現してしまうと、そこにストーリーが存在して偏った見方を受けがち。
キャラクターそのものの良さが伝わらなくなるという訳だ。

もともとがマンガ初のキャラクターなどの場合は、
一過性のブームであれば良いことを考えれば、上の限りではない。

しかし、定番のキャラクターイラストレーションをと考える場合は、
無表情を良しとすることは、業界の常識にもなっている・・・。
たぶんね。ボクもそう思う。
しかし、このことをちゃんと調べてデータ化した人をボクは知らない。

サンリオとかの大手メーカーなら
ある程度のマーケティングをしているだろうが、
それも自社の製品の比較レベルであろう。

キャラクターイラストレーションにおいて
「カワイイッ!」こととはどういうことかを
科学的に研究してみるのも面白いかも知れないな。

3 件のコメント :

イトケイ さんのコメント...
YUZURU ENDO さんのコメント...
yugi さんのコメント...